「中の人」とユーザーが出会う、場としての公式チャンネル【A-1 #2】

(左から、UUUM株式会社 笠原氏、株式会社エイリム 原田氏、KLab株式会社 柴田氏、株式会社ミクシィ さなぱっちょ氏) 2017年4月26日、東京・六本木にてスマートフォンゲームのマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2017 Spring」が開催された。

「Next Marketing Summit」は今回が初めての開催だが、800人のマーケッターと業界関係者が一同に集う大規模なビジネスイベントとなった。本稿では、当日開催されたセッション「動画配信を通じたユーザーコミュニケーションの次の一手」3回シリーズ(その2)の様子を紹介する。

登壇者は、株式会社エイリムの「かおりんご」こと原田香氏、KLab株式会社の「しばやん」こと柴田和紀氏、株式会社ミクシィ XFLAG スタジオのさなぱっちょ氏と、人気ゲームの公式チャンネルを運営する3名が揃い、モデレーターはUUUM株式会社の笠原直人氏が務めた。

(前回の記事は下記よりご覧ください)

【登壇者情報】
<スピーカー>
原田 香 – Kaori Harada
株式会社エイリム PRグループ マネージャー
柴田 和紀 – Kazunori Shibata
KLab株式会社 マーケティング部 部長
さなぱっちょ – Sanapacho
株式会社ミクシィ XFLAG スタジオ XFLAG事業本部 動画グループ マネージャー

<モデレーター>
笠原 直人 – Naoto Kasahara
UUUM株式会社 プランニングユニット ゼネラルマネージャー

 ■「中の人」の内側

笠原:では次に、皆さんは今、どのような体制でチャンネルの運営にあたられているのかということをテーマにしていきましょう。

柴田:僕のいるマーケティング部では、動画を制作するためのスタッフが2人います。その他は、プロモーションビデオ、TVCM、ライブプロダクションといった制作を担当しています。タイトル別のコーナー企画コンテンツは、マーケティングプランナーが作っています。番組作りは、その時々によって関わる人が違うんですが、最少の運営人数という意味では、制作2人、MC1人で3人いれば出来ちゃいます。

笠原:MCは、しばやんさんということですよね。

柴田:はい。映像の操作をするのが1人、音声の調整をするのが1人。ミニマムで3人です。

笠原:MCをこなしつつ、しばやんさんはマーケティング部の部長としての業務もこなしていらっしゃる。

柴田:もちろんです。最近は、マーケティングプランナーがゲーム運営のディレクターと一緒に放送内容を考える体制ができていますから、準備の5%くらいしか僕はもう関わっていないんです。本当に出演だけで、直前のリハーサルで放送内容を知ることがほとんどです。

笠原:エイリムさんはどうでしょう。『ブレフロ』のチャンネルは出演者も多岐にわたりますが。

原田:私たちは環境に恵まれていまして、同じグループ会社の中に動画制作のできる部門がありました。その事業部の立ち上げに相乗りする形でチャンネルを始めることができて、今もその体制は継続しています。なので、エイリム社内に動画専門のチームがいるわけではないんですよ。

笠原:なるほど、そういうこともあるんですね。じゃあ、『モンスト』は……皆さんの参考になるかどうかわからない程の規模ですが、体制を教えていただけますか。

さなぱっちょ:今は結構大人数になりましたね。動画マーケティンググループという部署があって、私はそこに所属しています。番組の幅と質を高めようとすると、徐々にテレビ局のような体制になっていったんですね。3チームで編成されていて、編集を行うチーム、演出のプロがいるディレクターチーム、マーケティングのプランニングや対外折衝を行うチームに分かれています。

笠原:ちなみに、チャンネルを立ち上げた頃はどれぐらいの規模感でしたか?

さなぱっちょ:その頃は、しばやんさんが言っていたのと同じで3人でした。1人は編集、出演者が2人ですね。企画は全員で考えて、それは今も変わりません。毎日18:00に新しい動画をアップして、私たちもユーザーさんも動画が習慣として根付いていくことが大事なので、それをキープするために仲間が増えていって、気付いたら大所帯になっていました。

原田:うーん、うらやましいです(笑)。

笠原:今の体制に至ったのは、やはりファンとのエンゲージメント(愛着心など)を感じる、手応えがあったからなんでしょうか。

さなぱっちょ:そうですね。そもそも、公式としてチャンネル運用をしっかりやっていこうとなったのも、マックスむらいさんというようなYouTuberの方との取り組みでちゃんと成果が出ていたという背景があって、そこから動画マーケティングの重要性がスタジオの中で理解されるようになっていったからなんですね。やがて、動画の企画がイベントに派生して、リアルイベントの盛り上がりに相乗効果が表れていって、様々なところで効果を感じられるようになってきました。

笠原:狙い通りにファンを増やすことができたという実績があってこそなんですね。じゃあ、逆に、意外な動きはあったりしましたか。

原田:採用に繋がったケースがありますね。動画を見て「この会社は面白いな」と思っていただけたようで、そこから応募に繋がり実際に入社した人がいます。

笠原:チャンネルのファンが社員になったと。それはすごいなぁ。しばやんさんはどうですか。

柴田:マイナスの方向で想定外ということになってしまいますが、出演者の精神的負担は思いのほか大きかったですね。

一同:(うなずく)

柴田:出演者や番組企画スタッフは放送のコメントやSNSを通してよりダイレクトにユーザーの反応を受け取ることができる。それが励みであり改善に繋がっていくのですが、なかにはひどく凹んでしまうスタッフもいるという。それと、かおりんごさん、さなぱっちょさんみたいな人気者に誰もがなれるわけではないという悲しい現実があります。

笠原:そこはなかなか難しいところですね。

さなぱっちょ:想定外という点では、放送上のミスというのはどうしてもあります。誤った情報を伝えてしまうと、たった一言でも、すさまじい勢いでメディアを駆け抜けていって回収することは難しいです。くよくよしても、もうやってしまったことは仕方がないわけですから、ミスを隠さずに、ちゃんと素直に謝罪していくという姿勢は、チャンネル運営では非常に大切です。もちろん、そういうミスを未然に防ぐために、事前に緻密な情報共有が必要だと日々感じています。

笠原:公式アカウント以外にも、皆さん個人のアカウントもお持ちですよね。そのあたりの管理、コントロールはどのようにされているんでしょうか。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

NMS2017 SPRING イベント