スマホゲームのIP化におけるマーケティングの役割【A-2 #3】

(左から、ちゅらっぷす株式会社 成沢氏、株式会社gumi 今泉氏、Happy Elements株式会社 松田氏、株式会社ミクシィ 多留氏)

2017年4月26日、東京・六本木にてスマートフォンゲームのマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2017 Spring」が開催された。

「Next Marketing Summit」は今回が初めての開催だが、800人のマーケッターと業界関係者が一同に集う大規模なビジネスイベントとなった。当日開催されたセッションのうち、本稿ではA会場で行われたセッション「スマホゲームのIP化の最前線を語る!」3回シリーズ(その3)の様子を紹介する。

登壇者は、株式会社gumiの今泉潤氏、Happy Elements株式会社の松田晃佑氏、株式会社ミクシィの多留幸祐氏と、人気スマホゲームタイトルのキーパーソンが揃い、モデレーターはちゅらっぷす株式会社の成沢理恵氏が務めた。

(前回の記事は下記よりご覧ください)

【登壇者情報】
<スピーカー>
今泉 潤 – Jun Imaizumi
株式会社gumi プロデューサー
松田 晃佑 – Kosuke Matsuda
Happy Elements株式会社 マーケティングディレクター
多留 幸祐 – Kosuke Taru
株式会社ミクシィ XFLAG スタジオ モンスト事業本部 本部長

<モデレーター>
成沢 理恵 – Rie Narusawa
ちゅらっぷす株式会社 取締役

 

■IPを育てるということ

成沢:冒頭で「スマホゲームのIP化を成功させる仮説を立てる」ということをゴールに設定しましたが、セッションも終盤となってきましたので、これまでの議論をまとめていこうと思います。IPを構成する重要なファクターとして、「遊び」「キャラクターと世界観」「作る人」という3つが出てきました。それを踏まえて、みなさんがゲーム作りで大切にしていることをお伺いしたいと思います。

今泉:ゲームを作り始める前は、僕はテレビドラマや演劇プロデューサーをやっていて、その時からずっと「ドラマを作りたい」と思い続けて生きてきました。だから、ドラマ的な要素はすごく大事にしていきたいんです。

さっきも言いましたが、世界観とストーリーしか時代を越えることができません。ディズニー、バンダイナムコ、スクウェア・エニックス。こういうプレイヤーたちが、プラットフォームが変わっても、ずっと最前線に居続けることができているのは、まさにIPをたくさん持っているからです。

子供の頃に触れた物語と世界観はやがて思い出になって、その人の心の中にあり続けます。その後、長い時間が経過しても、また楽しめるというものこそがIPだと思います。だから、僕たち作り手は、時間や世代を越えていかないといけない。そのためには、とにかく作り続けていくこと、意地でも続けるしかないんです。

サッカーで言うと、三浦知良選手はすごく格好良いじゃないですか。彼からは、継続することの美しさを感じるんです。去年は、庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』、新海誠監督の『君の名は。』がヒットしましたが、二人とも元々はメジャーなクリエイターではなかった。エンタテインメントの歴史を紐解くと、三谷幸喜監督も小劇場から始まりましたし、ダウンタウンだって深夜番組に出演していた頃がありました。

マイナーなものが、メインストリームを飲み込んでしまう瞬間が絶対にあるんですよ。でも、そのチャンスは、ずっと作り続けてきた人しか手に入れられない。

『Fate』も同じ事が言えますよね。最初はマイナーな作品だったかもしれませんが、奈須きのこさんは10年以上書き続けてきて、今はメジャータイトルになった。『Fate』にとっての転換点がスマホゲームだった。でも、その転換点を狙い撃ちすることはできないんです。だから、作り続けて、チャンスを待つんです。

自分勝手だと思われているかもしれないけれど、僕は自分の作品について、CMにまで口を挟みます。だって、それだけ大事にしたいから。手段を選ばず、良いモノを作り続ける。それが、僕の一番大事にしている考え方ですね。

成沢:IPとして花開くまで、徹底的にトータルプロデュースしていくんですね。

今泉:世間に認めてもらえるようなIPは、一人のクレイジーとも言えるほどの情熱によって生み出されると思うんです。

成沢:スマホゲームという領域でドラマを作り続ける今泉さんにとって、「ドラマ」とは何でしょうか。

今泉:エンタテインメントは、その人の時間を無駄に奪っているという側面があります。僕のゲームを遊ぶより、英語の勉強をしたほうが人生の役に立つかもしれないからです。それでも、人は遊ぶんです。「すごく感動した」とか「明日も遊ぼう」という楽しい経験が、いつか人生の岐路に立たされた時に励ましになることもある。

僕自身も、子供の頃に見たテレビドラマや、ゲームの物語に救われたことがあります。僕の「ドラマ」も、どこかの誰かにとって、そういう存在であってほしいから、命を賭けて魂を注いでいかなければいけないと思いますね。

成沢:ありがとうございます。では、松田さんはいかがでしょう。

松田:僕が目指しているのは、ゲームを遊ばない人にも作品を好きになってもらうということです。そのために、今はアニメ化を注力しています。Happy Elementsの強みであるキャラクターと世界観を、幅広い層に伝えるには、アニメが最適だと思うからです。新しいファンを獲得しつつ、これまでのファンにも、さらに愛されるように、タイトルを広げていきたいですね。

成沢:ありがとうございます。多留さんはいかがですか。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

NMS2017 SPRING イベント