注目度の高いアドフラウド 動画広告市場での動きは【B-2 #2】

(左からネクストマーケティングの坂田、AppLovinの林氏、Glossom株式会社の有本氏、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社の金田一氏)

2017年4月26日、東京・六本木にてスマートフォンゲームのマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2017 Spring」が開催された。 

「Next Marketing Summit」は今回が初めての開催だが、800人のマーケッターと業界関係者が一同に集う大規模なビジネスイベントとなった。当日開催されたセッションのうち、本稿ではB会場で行われた「急成長する動画広告市場でのスマホゲームのマーケティングと収益化」3回シリーズ(その2)の様子を紹介する。

登壇者は、AppLovinの林宣多氏、Glossom株式会社の有本恭史氏、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社の金田一確氏と、動画広告業界をリードする3名が揃い、モデレーターは株式会社ネクストマーケティングの坂田佳子が務めた。

(前回の記事は下記よりご覧ください)

【登壇者情報】
<スピーカー>
林 宣多 – Nori Hayashi
AppLovin Country Manager, Japan
有本 恭史 – Yasufumi Arimoto
Glossom株式会社 取締役 執行役員
金田一 確 – Kaku Kindaichi
ユニティ・テクノロジ ーズ・ジャパン合同会社 Unity Ads 日本統括ディレクター

<モデレーター>
坂田 佳子 – Yoshiko Sakata
株式会社ネクストマーケティング ビジネスプロデューサー

 

■アトリビューションの評価

坂田:続いて「アトリビューションポリシー」についてお話していきたいと思います。もともと日本では、ラストクリックの評価を主体に置いている企業が多いです。しかし、昨今はトラッキングツールの企業等、海外からも日本に数多くのプロダクトが入ってきて、各社でアトリビューションに対する考え方や設定状況が多様化している印象を持っています。広告主もそうした環境のなか、それぞれの媒体をどのように評価したらいいのか分からないという声を聞くことも多くなっています。

みなさんのプロダクトでは、どのような考え方を推奨しているのかお伺いできればと思います。では、林さんお願いします。

:アトリビューションに関しては、基本的にはトラッキングプラットフォームさん側に依存しているので、トラッキングプラットフォームさんと相談して進めるのが良いかと思います。そのなかで、広告主さんや代理店さんと話していて気になるのは、基準を揃えるというところにフォーカスしている点です。もちろん基準が揃っていた方が評価はしやすいのだと思いますが、Web媒体やTVCMの効果なども含めて完璧に把握するのは不可能なので、基準を揃えるというところに集中するよりかは、それぞれの媒体を最大限に活用することができるためにはどうするべきかという視点で運用した方が良いのかとは思っています。

もうひとつ大事な視点は、きちんとゲームの成長に寄与しているのか、ほかと比べてどうだったのかを確認して、判断していくことです。まずは各媒体の担当者とお話して、最大限のパフォーマンスを発揮するにはどうすれば良いかを話し合うのが良いのかと思いました。組織的な問題もあると思いますが、経営陣はマーケティング担当者を数字で縛るのではなく、ゲームが成長するためにどうすべきなのかを視点として持ち、アトリビューションを考えていただいたら良いのかと思います。

有本:林さんが仰るように、ポリシー自体は広告主が決めるものだと思います。動画では、ビュースルーコンバージョン(※広告で表示はあったけどクリックしなかったユーザーが、別のルートでコンバージョンページに辿り着いた数)をどうするのかが大きなテーマになると思いますが、全体を通して、どうしたら良いのかという定義が無いのが現状だと思います。 金田一さんはいかがでしょうか。

金田一:おふたりの話に付け加えることはとくにありません。ひとつ、あまり難しく考えないほうがいいのかなと思います。最終的に紐解いて分解出来るかどうかには、限度があると思っています。それに目の前の数字だけで動こうとすると、どうしても見失ってしまう部分も出てきます。かといって、どこもかしこも緩く考えると、先々に繋がらないこともあります。ある程度、バッファを持ちながらモデルを模索するのがいいかもしれません。

坂田:みなさんのお話を聞いていると、各広告主が何をゴールとし、フェーズや媒体毎に何を指標にするのかをきちんと設計していくことが非常に重要ということですね。ちなみに、今後の日本では何がスタンダードになっていくと思いますか。

有本:スタンダードは業界全体で醸成されるもので、自分自身でこうあってほしいという標準的なものはありません。ただ今回登壇している3社は動画リワード広告のため、FacebookやTwitter、YouTube等、各媒体を基軸にプロモーションを組んでいくのが一般的であるかもしれません。各社の基準が異なるので、今全てを統一するのは難しいと思うのですが、そのなかでも広告主が最良と考えるポリシーに最適化されていくのが個人的に一番良いのかなと思っています。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

NMS2017 SPRING イベント