コーエーテクモHD、7期連続の増益を達成 コンシューマー向けゲームタイトルが好調 スマホゲームは『真・三國無双 斬』がアジア圏で大ヒット

【決算概要】

 株式会社コーエーテクモホールディングスが4月27日に2017年3月期の決算を発表した。2017年3月期(2016年4月1日~2017年3月31日)の連結業績は、売上高370億3,400万円(前年同期比3.4%減)、営業利益87億8,100万円(同20.7%減)、経常利益152億2,100万円(同3.5%減)、当期純利益116億2,400万円(同7.1%増)となった。当期純利益は、経営統合以来、7期連続の増益。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p2

 事業の種類別セグメントの状況は以下の通り。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p4

 売上を地域別に見ると、国内と海外の構成比率はそれほど変化していないものの、北米が前年比29.6%と大幅に増加している。一方、アジアでの売上は16.7%減となっている。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p5

 ゲームソフト販売本数は国内・海外合計633万本で、前年度より75万本増え、コンシューマー向けゲームタイトルが好調であったことが窺える結果となった。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p6

 

【事業状況】

 コーエーテクモホールディングスは、「IPの創造と展開」を経営方針に据え、主力であるエンタテインメント事業では「シブサワ・コウ」「ω-Force(オメガフォース)」「Team NINJA」「ガスト」「ルビーパーティー」の5つのブランド別組織体制で施策に取り組んだ。

 2月には「Team NINJA」の『仁王』(PlayStation4)をリリースし、ワールドワイドで販売本数100万本 を突破、グローバル戦略タイトルとして新規IPの立ち上げに成功している。また、同月にはスクウェア・エニックスと共同開発したスマートフォンゲーム『DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA』が国内で配信開始され、セールスランキングではApp Storeで8位、Google Playで12位にランクインするなど好調に推移した。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p16

■ブランド別動向

「シブサワ・コウ」ブランド
 2016年4月にレベルファイブの『妖怪ウォッチ』とコラボレーションした『妖怪三国志』(ニンテンドー3DS)を発売し、話題となった。スマートフォン向けゲームでは、『Winning Post スタリオン』『信長の野望~俺たちの戦国~』『三國志レギオン』を新たに提供開始。海外向けとしては、ネクソン・コリア・コーポレーションとの取り組みにより、自社IPを利用した『三國志曹操伝 Online』と『真・三國無双 斬』(いずれもiOS/Android)を配信。『三國志曹操伝 Online』は韓国のApp Storeランキングで6位・Google Playランキングで5位を獲得し、 『真・三國無双 斬』は台湾、香港、韓国のセールスランキングでトップ10入りを果たした。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p27

「ω-Force」ブランド
 主に『無双』シリーズを展開するω-Forceでは、大河ドラマで人気を博した真田幸村の生涯を描いた作品『戦国無双 ~真田丸~』(PS4/PS3/Vita)をはじめ、『ベルセルク無双』(PS4/PS3/Vita)『無双☆スターズ』(PS4/Vita)を発売。そのうち『無双☆スターズ』は日本を含むアジア地域で13万本のセールスとなった。そのほかでは、『討鬼伝2』(PS4/PS3/Vita/Steam)が25万本、『進撃の巨人』(PS4/PS3/Vita)の欧米展開で35万本のセールスをマークした。なお、『討鬼伝』シリーズは3月にAndroid用スマートフォンゲーム『討鬼伝 モノノフ』をリリースしている。

「Team NINJA」ブランド
 2月にPlayStation4用ソフト『仁王』を発売。また、PlayStation4、PlayStation3、Xbox One、Steam向けDLC(ダウンロードコンテンツ)『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』を展開した。同作はパッケージ販売に加え、コンシューマーゲームとしては珍しいFree to Playのタイトルでもあり、基本無料版が累計800万ダウンロードを突破した。同じシリーズの『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』(PS4/Vita)ではVR対応モードを配信するなど、有料コンテンツも順調な販売を継続している。

「ガスト」ブランド
 アトリエシリーズ18作目となる『フィリスのアトリエ 〜不思議な旅の錬金術士〜』(PS4/Vita)を発売。また、2016年3月発売の人気イラストレーター・岸田メル氏をはじめとした豪華クリエイター陣による新規IP『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』(PS4/Vita)は国内で8万本のセールスとなった。

「ルビーパーティ」ブランド
 女性向けゲームタイトルを手掛ける「ルビーパーティ」は、過去作品をパッケージした『下天の華 with 夢灯り 愛蔵版』(Vita)『遙かなる時空の中で3 Ultimate』(Vita)と、最新作『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド』(Vita)を発売。ファンイベントでは立体映像技術を用いたバーチャルライブ等を開催し、合計来場者数は8万人に達した。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p3

【見通し】

 2018年3月期の業績は、売上高420億円(前年同期比13.4%増)、営業利益115億円(同31.0%増)、経常利益160億円(同5.2%増)、当期純利益117億円(同0.6%増)を見込んでいる。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p8

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p14

 事業の種類別セグメントの計画は以下の通り。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p9

 地域別では、国内と欧州・アジアでの売上増を見込んでいる。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p10

■エンタテインメント事業

「シブサワ・コウ」ブランド
 2017年冬に発売予定の『信長の野望・大志』(PS4/Switch/Windows)では、AIを大幅に強化し、最高の歴史シミュレーションゲームを目指すとしている。

「ω-Force」ブランド
 『無双』シリーズ最新作となる『真・三國無双8』(PS4)のリリースを予定している。なお、「ω-Force」は立ち上げから20周年を迎える。

「Team NINJA」ブランド
 任天堂の『ファイアーエムブレム』と『無双』シリーズのコラボレーションタイトル『ファイアーエムブレム無双』(Switch/ニンテンドー3DS)が9月28日に発売予定。

「ガスト」ブランド
 東映アニメーションとのコラボレーションタイトル『拡張少女系トライナリー』(iOS/Android)を4月12日に配信開始。また、同ブランドの主力タイトル『アトリエ』シリーズは20周年を迎えることから、積極的な施策を進める。

「ルビーパーティ」
 女性向けの「ネオロマンス」シリーズを拡充し、IPを活用したアニメ化やリアルイベント等のメディアミックス展開を一層強化する方針。

「midas(ミダス)」
 新設のブランド。20代、30代の “デジタルネイティブ世代”のメンバーを主力とし、スマートフォンゲームの新規タイトル開発に取り組む。

グローバル展開
 中国で、スマートフォン向けタイトル『真・三國無双 激闘版』(仮称)をリリース予定。

SP事業
 オリジナルタイトルの開発と、社内外のIPとのコラボレーションに注力するとしている。また、版権許諾や受託開発業務の拡充、開発ラインの効率化を推進する。

アミューズメント施設運営事業
 キッズ施設の運営、プライズゲームを中心に既存店の売上・利益向上に努める。また、特許出願中の多機能VR筐体「VRセンス」は夏以降の発売を計画している。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p22

 事業全体では、デジタルビジネスの売上が上昇し、収益を押し上げている。同社は今後もデジタルビジネスの強化に努めていくとしている。

(出典)2017年3月期 決算説明会資料 p29


【関連リンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

IR