外資系ゲーム会社が考える海外戦略【A-3 #3】

(左からAppLovinの坂本氏、株式会社ウィキッズの西谷氏、King Japan株式会社の枝廣氏、MZ, Inc.のアルカナ氏)

2017年4月26日、東京・六本木にてスマートフォンゲームのマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2017 Spring」が開催された。

「Next Marketing Summit」は今回が初めての開催だが、800人のマーケッターと業界関係者が一同に集う大規模なビジネスイベントとなった。当日開催されたセッションのうち、本稿ではA会場で行われたセッション「黒船襲来! 外資系ゲーム会社が考える日本市場攻略の戦略とは」3回シリーズ(その3)の様子を紹介する。

登壇者は、株式会社ウィキッズの西谷麗氏、King Japan株式会社の枝廣憲氏、MZ, Inc.(旧Machine Zone, Inc.)のアルカナ萌永氏と、外資系ゲーム会社のトップマーケターが登壇し、モデレーターはAppLovinの坂本達夫氏が務めた。

(前回の記事は下記よりご覧ください)

【登壇者情報】
<スピーカー>
西谷 麗 – Ulara Nishitani
株式会社ウィキッズ 代表取締役社長
枝廣 憲 – Ken Edahiro
King Japan株式会社 代表取締役
アルカナ 萌永 – MoéAlkana
MZ, Inc. Marketing Div. Japan Marketing Manager

<モデレーター>
坂本 達夫 – Tatsuo Sakamoto
AppLovin Director Sales, Japan

 

■外資系企業におけるキャリア形成

坂本:キャリアアップは大きなポイントですが、外資系のゲーム会社でマーケターとしてやっていくには、どういうスキルセットが求められるんでしょうか。どういう人が活躍していくのか、ぜひ伺いたいですね。

枝廣:まず、みんなが大きく勘違いしているところですが、英語は要らないですよ。

坂本:えぇー!(←教科書通りのリアクション)

枝廣:僕は30歳から英語を始めました。要は、努力で何とでもなるということです。ですから、英語ができないということだけで、外資系企業を諦めてしまうのは、非常にもったいないですね。全く間違った判断です。

坂本:なるほど。では、カントリーマネージャーを目指す人が身につけておくべきスキルや知識はありますか。

枝廣:海外のマーケット事情をよく知らなければ、日本のカントリーマネージャーはできないでしょう。

坂本:ほぉ、日本のマーケットを理解してるだけではいけないと。それは意外です。

枝廣:日本のマーケットを説明するとなった時、「海外との違いは何か」を理解してもらわなくてはなりません。本国の人たちが普段、どういう考え方をしているのか、マーケットをどう見ているのかを理解できていないと、話が始まらないんですね。

坂本:相手の国のことを知らないと、日本との違いも何も説明できないわけですね。

枝廣:そういうことです。日本で主流だとか、人気があるとか言ったところで、アメリカでいうとどの程度の規模なのか、アメリカではどういうレギュレーションがあるとか、そういうことを分かっていなければ、議論もマネジメントもできない。

坂本:そういった知識はどのタイミングで得られたのでしょうか。

枝廣:前の会社にいたとき、31歳の頃だったかな、アメリカに海外赴任することになったんです。そこで色々と失敗も経験しましたけど(笑)。赴任する2ヶ月前頃から、詰め込み式で英語を勉強し始めて、英語の先生に褒められるくらいにまで上達して、自信満々でアメリカに向かったんですよ。で、到着して、最初にサブウェイに入ったんですが、ろくに注文もできなくて、すごくへこみました(笑)。

坂本:サブウェイは注文が難しいですからね! 野菜の量とかチーズの種類とか。

会場:(笑)

枝廣:そういう中で、シリコンバレーの人たちが注目しているマーケティング手法やトレンドを目の当たりにして、日本との違いにひたすら驚いていました。Facebook運用の大切さや、コミュニティをプロモーションに活用していく方法を学びましたね。

今もそうですが、日本はトレンドフォロワーが多いですから、TVCMでバズらせて、賑わっている雰囲気を醸して、というやり方です。アメリカは、ユーザー同士がコミュニティを作って、そこから市場が広がっていく。そこでの経験は、Kingに入社する大きなきっかけにもなりました。

坂本:では、同じ質問を萌永さんにも伺いましょう。積極採用中というお話しがありましたが。

アルカナ:私たちが求めている人材は、エキスパートです。小回りのきく少数精鋭のチームで動いていますから、ひとりひとりに委ねられる裁量と責任が大きいんですね。だから、スキルを遺憾なく発揮して、チームに貢献してくれるようなエキスパートを高く評価しています。

自分の専門性を誇りにして、周りの人にどんどん提案していけるような意志の強さが、海外では強力な武器になります。チームワークは大切ですが、チームの成功のために、時には自分の意見をはっきり言うことも、すごく大事です。

坂本:「チームワーク」という言葉に逃げない強さということですね。

西谷:厳しい言い方になりますが、「チームワーク」の中で活躍できない人はKick out(追い出し)されるしかないですよね。強いチームだけが生き残れる市場ですから。その点では、外資系企業で使われる「チームワーク」は、真実味がありますよね。

アルカナ:ある尊敬しているマーケターが「我々は“家族”だと言われたくない。自分たちは全員がトップレベルのアスリート集団だと思っている」と言っていたんですね。とても良い言葉ですよね。

坂本:家族なら、まぁ仲良く支え合って生きていくのでしょうけど、会社はアクティブじゃない人がいると全員が共倒れになってしまいますからね。

西谷:心から納得できる言葉ですね。私もどこかで絶対使おう(笑)。

枝廣:我々も正にアスリート集団であろうとしています。メンバーは厳選に厳選を重ねた優秀な人ばかりです。

坂本:そういうアスリート集団に入りたいと思ったら、どういう経験を積めばいいのでしょうか。あるいは、どういうマインドで取り組んでいけばいいでしょう。特に若手な人ですね。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

NMS2017 SPRING イベント