いま問われるマーケターの真価と、その先にある面白さ【A-4 #3】

(左から株式会社アカツキの立山氏、株式会社サイバーエージェントの齋藤氏、株式会社セガゲームスの吉田氏、株式会社ディー・エヌ・エーの佐藤氏、株式会社ネクソンの鈴木氏)

2017426日、東京・六本木にてスマートフォンゲームのマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2017 Spring」が開催された。

Next Marketing Summit」は今回が初めての開催だが、800人のマーケッターと業界関係者が一同に集う大規模なビジネスイベントとなった。当日開催されたセッションのうち、本稿ではA会場で行われた「各社キーパーソンが考えるマーケティング戦略と未来」3回シリーズ(その3)の様子を紹介する。

登壇者は、株式会社サイバーエージェントの齋藤隼一氏、株式会社セガゲームスの吉田大氏、株式会社ディー・エヌ・エーの佐藤基氏、株式会社ネクソンの鈴木恵慈郎氏と、スマートフォンゲームのマーケティングを担うキーマン4名が揃い、モデレーターは株式会社アカツキの立山早氏が務めた。

(前回の記事は下記よりご覧ください)

【登壇者情報】
<スピーカー>
齋藤 隼一 – Junichi Saito
株式会社サイバーエージェント 宣伝本部 ゲームプロモーション室 室長
吉田 大 – Hiroshi Yoshida
株式会社セガゲームス DMS統括部 ソリューションビジネス2部 部長
佐藤 基 – Motoi Sato
株式会社ディー・エヌ・エー 宣伝部  シニアマーケティングプロデューサー
鈴木 恵慈郎 – Keijiro Suzuki
株式会社ネクソン モバイル事業本部 モバイルマーケティング室 室長

<モデレーター>
立山 早 – Saki Tateyama
株式会社アカツキ Global Growth Guild General Manager

 

マーケティング戦略と未来

立山最後のお題は、このセッション一番のテーマ、「マーケティング戦略と未来」です。単刀直入に言うと、どこに一番リソースを投資しますか、という質問になります。なかなか答えづらいところもあるかもしれませんが、皆さんの思うマーケティングの未来と投資戦略について、お話をいただけたらと思います。

鈴木:ネクソンがグローバルに展開している会社だということもあって、僕自身は韓国・中国発のゲームを取り扱うケースが多いです。今、世界のオンラインゲーム市場は上位12ヵ国で市場全体の80%を占めていて、その中でも、特に中国、韓国、日本という東アジア圏はその大部分を占めています。違いはもちろんありますが、この3ヵ国は文化が似ている部分も多くて、たとえば、RPGやアクションゲームが人気だという共通点があります。そういう背景を考えると、中国、韓国のゲームタイトルがこれからもっと日本に流入してくると思いますし、日本のタイトルが海外へ進出していくチャンスも徐々に増えていくはずです。

今回、このセッションで登壇するというお話をいただいた時から、ネクソンとしてどういう戦略を採るべきか、これまで以上によく考えるようになりました。今、ひとつ考えていることとしては、ネクソンのオリジナルタイトルをヒットさせたいという思いがあります。ネクソンには『メイプルストーリー』『マビノギ』といった10年以上続くタイトルがあって、大きな収益源になっています。そういう大きな柱になるような、グローバルでヒットするゲームを作っていきたいですね。

立山:グローバル展開で未来の大黒柱を育てていくということですね。佐藤さんはいかがでしょうか

佐藤ユーザとの対話、コミュニケーションに引き続き力を入れていきたいと思います。今のモバイルゲームは競争が激しく、ユーザーのニーズも多様化していると思います。良いマーケティングをしていくためには、ユーザーとの対話を通じて、ユーザを理解していくことは非常に大事だと思っています。

今のスマホゲーム業界は、幸いなことにゲームが面白くて、且つその面白さがユーザーにちゃんと伝われば、ヒットするんです。新規ユーザーがなかなか獲得できないといった悩みに多くのゲームタイトルが苦しんでいるなか、『Pokémon GO』はヒットしました。そのヒットを「既存IPを使ったタイトルだから売れた」と安易に片付けるんじゃなくて、面白いモノを市場にリーチさせればヒットに繋がるということをきちんと理解すべきですし、ゲームというカテゴリにはまだまだチャンスがある。その点で、僕たちは非常に恵まれているとさえ言えると思います。

これから、スマートフォンが今後も存在感を増していくことは間違いないでしょう。つまり、エンタテインメントの中心がスマートフォンになっていく。その中でもスマホゲーム、ユーザーが一番時間を使うコンテンツになるかもしれませんその意味で、これからも国民的なスマホゲームが生まれていくと思います。さらにそのためのマーケティングも、もっと進化すると思います。そういう意味では、スマホゲーム業界の未来は明るいと思います僕らがそういったコンテンツを提供できるようになるためにも、ユーザとの対話を大事にしてこうと思います。

立山:『Pokémon GO』の登場は衝撃的でしたよね、こんなことが出来るのかと悔しくもありました。吉田さんはいかがでしょう

吉田:セガゲームスとしては、海外展開に注力していきたいと考えています。ただ、それを実行するとなると、一人のマーケターが複数のタイトルを、国をまたいで担当するというのは現実的ではありません。業務を支える土台となる仕組み、それには自動化が不可欠です。我々も近いうちにDMPData Management Platform : ビッグデータや自社サービスから採取されたデータを一元管理・分析するためのプラットフォーム)を構築しなくてはいけないし、その先にはMAMarketing Automation : マーケティングのプロセスごとにアクションを自動化すること)が待っています。まずはDMPと業務の自動化を完成させて、人員を最適化しつつ、海外155ヵ国に向けて、万全の体制を整える1年にしたいと思っています。

立山:そういった自動化やデータ分析のための内製プラットフォームは、ここにいるマーケターの誰もが欲しいと思っているものだと思います。ですが、実際に実現できている企業は決して多くはありません。セガさんのように、組織全体できちんと取り組んでいける会社とそうでない会社の違いはどこにあると思いますか。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

NMS2017 SPRING イベント