ライブ配信系プラットフォームの取り組みとは そしてYouTuberの5年後について【B-4 #3】

(左から株式会社BUZZCASTの山田氏、THECOO株式会社の中山氏、株式会社バンク・オブ・イノベーションの五十嵐氏、株式会社Bizcastの渡邉氏)

2017年4月26日、東京・六本木にてスマートフォンゲームのマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2017 Spring」が開催された。

「Next Marketing Summit」は今回が初めての開催だが、800人のマーケッターと業界関係者が一同に集う大規模なビジネスイベントとなった。当日開催されたセッションのうち、本稿ではB会場で行われた「YouTuberを活用したマーケティングを成功させるには」3回シリーズ(その3)の様子を紹介する。

登壇者は、THECOO株式会社の中山顕作氏、株式会社バンク・オブ・イノベーションの五十嵐規裕氏、株式会社Bizcastの渡邉拓氏と、YouTuberに精通したキーマン3名が揃い、モデレーターは株式会社BUZZCASTの山田雄介氏が務めた。

(前回の記事は下記よりご覧ください)

【登壇者情報】
<スピーカー>
中山 顕作 – Kensaku Nakayama
THECOO株式会社 インフルエンサー事業部 執行役員
五十嵐 規裕 – Norihiro Igarashi
株式会社バンク・オブ・イノベーション マーケティング統括室 室長
渡邉 拓 – Taku Watanabe
株式会社Bizcast 代表取締役

<モデレーター>
山田 雄介 – Yusuke Yamada
株式会社BUZZCAST 代表取締役CEO

 

■ライブ配信系プラットフォームの取り組み

五十嵐:インフルエンサーマーケティングに関連した会社やサービスは、どういう場面で価値があるんでしょうか。ゲームの訴求ポイントを一番よく知っているのは社内のマーケターですから、社内のマーケターとYouTuberが直接やり取りした方が早いという考え方もできますよね。

山田:僕等のような会社の存在価値ということですよね。それはもう、僕等を通してくれた方がより高い効果を得ることができるということに尽きます。YouTuberにとっては、より再生数が多くなったり、企業のオファーをもらいやすくなるというような価値を提供できますし、広告主の方には、より多くの新規ユーザー、より高い継続率、より低いコストの3つをもたらすことができるかどうかが重要だと考えています。

中山:山田さんの仰るとおりだと思います。それに加えて、広告主となる会社さんとYouTuberさんの間を取り持って、企業側の要望とYouTuberのできること、したいことをすり合わせていくという機能もあります。去年のTGS(東京ゲームショウ)では、ゲーム実況者を体験できるブースを出展しました。それは、YouTuberの大変さや実況の難しさを少しでも理解してほしいという思いがあったからです。その一方で、専属のYouTuberには、ゲームのプロモーションについて講義で教えていたりします。お互いの共通理解を深めていくのが、僕等のような会社の使命というか、介在する価値にしていきたいですね。

渡邉:我々は、ゲームの音源を提供したり、リアルイベントやファンイベントも企画・運営していたりと、他の会社ではやっていないことでも、幅広く支援しています。提携しているメディアも、Lobi、GameWith、最近はコロプラさんの「360channel」とも提携しました。点ではなく、面で施策を展開することで相乗効果を生み出せるようにしています。

山田:この話題はすごく興味深いのでもう少し議論を続けたいんですが、僕たちみたいな会社が介在することによって効果が高まると言いましたが、そのためには定量的な振り返りが絶対に必要だと思います。施策で目標を達成できたとしても、視聴者が盛り上がったポイントと、企業側が訴求したいポイントがずれていることも、実際、結構あるんですね。たとえば、ギルドバトルがメインのゲームがあったとして、ゲーム会社はギルドメンバーとの「コミュニケーション」が売りだと考えているかもしれません。でも、チャットの画面を映して、はたしてそれで視聴者が遊びたいと思うのか、ちゃんとコンバージョンできるのか、そういうふうに僕は疑問に思ったりします。そこでちゃんと定量分析をして、なぜこういう結果になったのかを説明して、次の一手を一緒に考えるという、コンサルティング的なことができないと、本質的な価値を提供できないと思うんですよね。

五十嵐:なるほど。確かにそういうデータやノウハウを蓄積できたら、すごく嬉しいですね。それは知りたい情報です。

山田:インフルエンサーは、昔はブロガーで、Twitterで人気のアカウントがいくつかでてきて、動画だとニコニコ動画やYouTubeに人が集まるようになって、いくつもプラットフォームを経てきたという変遷があります。動画はプラットフォームがいくつかありますが、最近注目している動画プラットフォームはありますか。

五十嵐:ライブ配信系のプラットフォームが気になっています。

山田:ゲーム実況者でない人を起用して、色々な動画マーケティングを展開していらっしゃいますよね。

五十嵐:そうですね。「SHOWROOM」を利用したこともあります。SHOWROOMは、アイドルや声優の人がライブ配信を行ったりするためのストリーミング用のプラットフォームなんですが、オンライン上で「イベント」を開催することができるんですね。『幻獣契約クリプトラクト』では、TGSの「ゴー☆ジャス動画」さんのブースに出演できる権利などの賞品を用意して、その賞品がほしい人同士に「イベント」機能でバトルをしてもらうということを実施しました。SHOWROOMはYouTubeよりもっとファンと配信者の距離が近いんですよ。ですから、ゲームを紹介してもらえると、すぐに一緒にゲームを楽しんでもらえるというシーンが実現できて、良い実績を残すことができました。

山田:ライブ配信だからすぐに一緒に遊べるということが、ゲームのダウンロードに繋がっているということですね。

五十嵐:そうですね。配信を続けていると、配信者よりファンの方が先に上達して、コメントで攻略情報を教えてくれるというシーンもありました。そういうことも相乗効果となって、より盛り上がりましたね。

山田:プラットフォームは、視聴者と出演者、インフルエンサーとの距離感で選択していくというのが本質的なところなのかもしれませんね。

五十嵐:そのとおりだと思います。インフルエンサーとファンとの架け橋として、ゲームが存在できたら、成功に近づけるかなと。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

NMS2017 SPRING イベント