ゲームアプリ市場の識者に訊く2017年の振り返りとマーケティング動向【ゲーム会社編③】

2017年、今年も数多くのスマートフォンゲームがリリースされました。昨今、IPタイトルが増加の一途をたどっていますが、完全オリジナルタイトルや海外発のタイトルなども多数ヒットを記録しています。膨大な数のアプリがあるなか、ユーザーに手に取って継続的に遊んでもらうためには、ゲームの面白さはもとより、きちんと魅力を届けるためのマーケティング施策が当然求められています。

そして2018年、AppleのiOS App StoreとGoogle Play(旧Android Market)は10周年を迎えます。 アプリ市場データを提供するApp Annie社によると、2018年には、 世界の全モバイルアプリストアを合計した消費支出が、前年比でおよそ30%増加し、1100億ドルを突破する見込みとのこと。支出の大半を占めるのはゲームですが、それ以外のアプリが2018年、支出に占める割合が増加し、増加ペースがゲームアプリを上回るといいます。 

今回「Active Media」では、年末特別企画として「ゲームアプリ市場の識者に訊く2017年の振り返りとマーケティング動向」を複数回に渡って掲載。スマートフォンゲームのマーケティングに携わる方々を中心にアンケートを行い、2017年で印象的だったタイトルやマーケティング施策についてお伺いしました。本稿では【ゲーム会社編③】として11社をご紹介。

※いただいた企業様からのコメントを尊重するため、最低限の編集作業に留めています。なお、並びは社名五十音順。

【ゲーム会社編③】でご回答いただいた皆様

6waves
シニアプロジェクトマネージャー
細井貴之 氏

株式会社GIANTY
マーケティング本部 部長
小村益民 氏

株式会社アメージング
受託開発部部長 マーケティング担当
村本シュウイチ 氏

株式会社エディア
事業開発室
兼田恒平 氏

株式会社グラティーク
代表取締役 / 将軍
高橋玲央奈 氏

株式会社ディ・テクノ
プロデューサー
坂崎大輔 氏

バンダイナムコエンターテインメント
「城崎広告」代表
城崎律子 氏

株式会社ブシロード
プロデューサー
菅野将一郎 氏

株式会社マーベラス
プロモーション部 マネージャー
檜田拓也 氏

株式会社モブキャスト
ゲーム事業本部
プロモーション部
山本学 氏

空中網JP株式会社
シニアマネージャー
小林崇 氏

 

6waves

シニアプロジェクトマネージャー
細井貴之

Q1:2017年に注目したスマートフォンゲームとそのゲームを選ばれた理由を教えてください。

『アズールレーン』。海外製ゲームとして、驚異的なスピードで上位ランクに入り、日本ユーザー(艦これユーザー/他のユーザー)のハートをつかんだゲーム。ゲーム性、グラフィック、遊び心の点で戦艦、萌え系、ゆる系アクションが好きなユーザーの支持を得ることに成功したと思います。いろいろな意味において、2017年、もっとも印象に残っているタイトルです。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ちょいサキ! ピックアップ