ゲームアプリ市場の識者に訊く2017年の振り返りとマーケティング動向【媒体編①】

2017年、今年も数多くのスマートフォンゲームがリリースされました。昨今、IPタイトルが増加の一途をたどっていますが、完全オリジナルタイトルや海外発のタイトルなども多数ヒットを記録しています。膨大な数のアプリがあるなか、ユーザーに手に取って継続的に遊んでもらうためには、ゲームの面白さはもとより、きちんと魅力を届けるためのマーケティング施策が当然求められています。

そして2018年、AppleのiOS App StoreとGoogle Play(旧Android Market)は10周年を迎えます。 アプリ市場データを提供するApp Annie社によると、2018年には、 世界の全モバイルアプリストアを合計した消費支出が、前年比でおよそ30%増加し、1100億ドルを突破する見込みとのこと。支出の大半を占めるのはゲームですが、それ以外のアプリが2018年、支出に占める割合が増加し、増加ペースがゲームアプリを上回るといいます。 

今回「Active Media」では、年末特別企画として「ゲームアプリ市場の識者に訊く2017年の振り返りとマーケティング動向」を複数回に渡って掲載。スマートフォンゲームのマーケティングに携わる方々を中心にアンケートを行い、2017年で印象的だったタイトルやマーケティング施策についてお伺いしました。本稿では【媒体編①】として9社をご紹介。

※いただいた企業様からのコメントを尊重するため、最低限の編集作業に留めています。なお、並びは社名五十音順。

【媒体編①】でご回答いただいた皆様

Applovin株式会社
Director, Business Development
坂本達夫 氏

株式会社Smarprise
代表取締役社長
五十嵐健 氏

Twitter Japan株式会社
Twitter Client Solutions
ゲーム&モバイル業界担当 兼 リテール業界担当 マネージャー
瀬尾洋徳 氏

Unity Technologies Japan合同会社
Unity Ads 日本統括ディレクター
金田一 確 氏

YouAppi
Manager
稲葉将平 氏

株式会社アイモバイル
執行役員 アドプラットフォーム事業本部
アドネットワーク事業部 部長
甲斐康浩 氏

株式会社エビリー
ビデオマーケティング事業部
セールスマネージャー
大谷洋平 氏

タップジョイ・ジャパン株式会社
Manager
豊島佑介 氏

株式会社ファンコミュニケーションズ
nend事業部営業推進部 部長
加藤真悟 氏

 

Applovin株式会社

Director, Business Development
坂本達夫 氏

Q1:2017年に注目したスマートフォンゲームとそのゲームを選ばれた理由を教えてください。

日本のデベロッパーのゲームだと『1LINE 一筆書き パズル ゲーム』『君の目的は僕を殺すこと3』です。いわゆるソシャゲではない、開発に数億円かけるのではなく少人数で開発されたゲームなのですが、課金だけでなく広告収益の割合もそれなりに高いという点と、マーケティングによって大きく成功したという点が、これまでに日本にほとんど無かったタイプの成功例だと思います。

フィーチャーやブースト広告ではなく動画広告など運用型広告でアクセルを踏んでストアのランキング上位に食い込み、リリースから時間がたっても新規インストールを出し続けています。海外ではこういったタイプのアプリは多いので、日本のデベロッパーにもこのモデルにもっとチャレンジして欲しいし、2018年には日本だけでなくグローバルで大きく成功するところが出てきて欲しいですね。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ちょいサキ! ピックアップ
Tagged with: