ファンの熱量を高める「pixiv」イラストコンテスト―大きな盛り上がりに導く3つのポイントを取材

『Fate/Grand Order』『モンスターストライク』『アズールレーン』など、ヒットタイトルは常にファンの熱量を高め、人気を不動のものとしてきました。そして、ユーザーのエンゲージメントが重要視されるようになった今、ファンの熱量を支えているもののひとつが「二次創作」です。

そこで、今年最初の企画では多くの二次創作コンテンツが集まる国内最大のクリエイター向けプラットフォーム「pixiv」に取材を敢行。同社が10年間継続してきた「イラストコンテスト」の取り組みをご紹介いただきました。

 

ゲームアプリと親和性が高い国内最大のイラストSNS

ピクシブ株式会社
マーケティングチームリーダー
アカウントプランナー
芹澤勇太

 

――:イラストや自作小説の投稿サイトとして最も人気のあるpixivですが、今回はpixivの提供しているマーケティングサービスについてお伺いしたいと思います。

芹澤:はい。私の所属しているマーケティングチームではpixivをバックグラウンドとした広告商材の販売・運用を行っています。体制的には、バナーやイラストコンテストを含むタイアップ、pixiv運営のメディア「pixivision」の記事広告などを販売するチームと、pixiv内部の広告配信やアドネットワークの運用を担当するチームがあって、私は販売チームの統括をしています。

 

――:どのようなタイプの広告がよく販売されているのでしょうか。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Tagged with: ,