イベント、グッズ、リアル空間…オフライン施策の懸念点と打開策【SESSION2-A #2】

(後列左から株式会社ステアーズの貫井氏、SHOWROOM株式会社の山辺氏、株式会社ビジプルの達川氏、前列左からウェルプレイド株式会社の谷田氏、株式会社ギフティの太田氏、有限会社フナコシステムの舟越氏)

2018年4月19日、東京・渋谷にてスマートフォンゲームのマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2018」が開催された。

第2回目の開催となる「Next Marketing Summit」は、800人のマーケターと業界関係者が一同に集う大規模なビジネスイベント。当日開催されたセッションのうち、本稿ではA会場で行われた「イベント、グッズ、リアル空間…オフライン施策の無限の可能性を探る」の様子を紹介する。

登壇者は、ウェルプレイド株式会社の谷田優也氏、株式会社ギフティの太田睦氏、SHOWROOM株式会社の山辺浩平氏、株式会社ビジプルの達川能孝氏、有限会社フナコシステムの舟越靖氏の5名が揃い、モデレーターは株式会社ステアーズの貫井広幸氏が務めた。

(前半の記事は下記よりご覧ください)

【登壇者情報】
<スピーカー>
谷田 優也 – Yuya Tanida
ウェルプレイド株式会社 代表取締役社長/CEO

太田 睦 – Mutsumi Ota
株式会社ギフティ 代表取締役

山辺 浩平 – Kohei Yamabe
SHOWROOM株式会社 SHOWROOM事業部イベントグループ グループリーダー

達川 能孝 – Yoshitaka Tatsukawa
株式会社ビジプル 取締役 経営管理部長 兼 編集長代理

舟越 靖 – Yasushi Funakoshi
有限会社フナコシステム 代表取締役

<モデレーター>
貫井 広幸 – Hiroyuki Nukui
株式会社ステアーズ マーケティング部 部長

 

【フナコシステム】開発協力・プロモ企画をワンストップで担当

貫井:では、有限会社フナコシステムの舟越さん、よろしくお願い致します。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!