マーケター「しくじ〇先生」セッション後半! チャレンジを続けるためのメンタルの保ち方【SESSION2-B #2】

(左から、Septeni Japan株式会社 大久保氏、株式会社ディー・エヌ・エー 川口氏、合同会社DMMGAMES 川端氏、KLab株式会社 柴田氏)

2018年4月19日、東京・渋谷にてスマートフォンゲームのマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2018」が開催された。

第2回目の開催となる「Next Marketing Summit」は、800人のマーケターと業界関係者が一同に集う大規模なビジネスイベント。当日開催されたセッションのうち、本稿ではB会場で行われた「「しくじ〇先生」セッション!マーケティングの達人が語る!過去の失敗とそこから得た学び」の様子を紹介する。

登壇者は、KLab株式会社の柴田和紀氏、株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)の川口隆史氏、合同会社DMMGAMESの川端祐喜氏と、“しくじり”とは縁遠そうなマーケター3名が揃い、モデレーターはSepteni Japan株式会社の大久保亮氏が務めた。

(前半の記事は下記よりご覧ください)

【登壇者情報】
<スピーカー>
柴田 和紀 – Kazunori Shibata
KLab株式会社 執行役員 マーケティング部 部長

川口 隆史 – Takashi Kawaguchi
株式会社ディー・エヌ・エー 宣伝部デジタルマーケティンググループ グループマネージャー

川端 祐喜 – Yuki Kawabata
合同会社DMMGAMES 企画営業本部 本部長 マーケティング統括

<モデレーター>
大久保 亮 – Ryo Okubo
Septeni Japan株式会社 第三アカウント本部第二営業部 部長

 

■チャレンジを続けていくために必要なこと

大久保:最後は柴田先生のエピソードを聞かせてください。

柴田:これだけダイナミックなしくじり話の後で、ちょっと恥ずかしいんですけど、生放送のときのしくじりを話そうかと思います。皆さんがアプリをリリースする前、どのタイミングでリリースするのかを発表すると思うんです。「もうすぐです」とか、「今年中です」とかありますけど、ファンや投資家目線だと、ピンポイントで知りたいものです。弊社は上場していることもあって、株主さんも注意を払って見てくれています。ですが、我々はリリース日を事前に告知することはまったく行っていません。その中で起きたしくじりが、「リリース日漏洩事故」です。

大久保:テイストが急に変わりましたね……。

柴田:そうですね。これはリリース日の漏洩事故が起きた直後に、経営会議参加メーリングリストに送った経緯報告書の抜粋です。

大久保:なかなか外に出回らない、貴重なやつですね(笑)。

柴田:私がうっかり漏らしてしまいました、という文章ですね。具体的になにがあったかと言うと、

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!