エイチーム、2018年7月期第3四半期で大幅な増収増益を記録 ゲームを含むエンタメ事業の減収をライフスタイルサポート事業がカバー

【決算概要】

 株式会社エイチームは6月8日に2018年7月期第3四半期の決算を発表した。第3四半期連結業績(2017年8月1日~2018年4月30日)は累計で、売上高283億3,884万円(前年同期比12.5%増)、営業利益38億922万円(前年同期比37.5%増)、経常利益38億5,256万円(前年同期比37.1%増)、純利益は26億5,082万円(前年同期比44.2%増)となり、大幅な増収増益を記録した。

(出典)2018年7月期 第3四半期 決算説明会資料 p5

 第3四半期単期(2018年2月1日~2018年4月30日)の業績は、売上高102億6,900万円(前年同期比3.7%増)、営業利益17億5,200万円(前年同期比0.2%増)、経常利益17億7,500万円(前年同期比2.1%増)、純利益12億1,700万円(前年同期比4.8%増)だった。売上高、利益共に四半期で過去最高、売上高は初めて100億円を突破した。

(出典)2018年7月期 第3四半期 決算説明会資料 p6

(出典)2018年7月期 第3四半期 決算説明会資料 p8

 

【事業状況】

 エイチームは、大きく分けてエンターテインメント事業、ライフスタイルサポート事業、EC事業からなる。

エンターテインメント事業

 スマートフォン向けゲームを展開しているエンターテインメント事業の業績は累計で、セグメント売上125億1,181万円(前年同期比11.7%減)、セグメント利益は29億4,936万円(前年同期比15.7%増)となった。

 減収の要因は従来の主力タイトル『ヴァルキリーコネクト』『ユニゾンリーグ』が減収傾向に転じたことに加え、新作『三国BASSA!!』のリリースが5月に延期したため。この動きを受け、運用効率化と広告費の大幅な抑制によって利益を確保し、前年同期比で増益を維持した。

(出典)2018年7月期 第3四半期 決算説明会資料 p12

ライフスタイルサポート事業

 引越し比較・予約サイト「引越し侍」、自動車査定・買取サイト「ナビクル」のほか、ブライダル関連事業、金融メディア事業など生活に密着したWebサービスを運営するライフスタイルサポート事業の業績は累計で、セグメント売上138億4,829万円(前年同期比44.3%増)、セグメント利益は23億1,431万円(前年同期比63.8%増)となり、大幅な増収増益となった。

 引越し・自動車関連事業は業界トップシェアを維持しており、中でも引越し関連事業は、同業界の人手不足による引越し料金の高騰と3月の繁忙期需要が重なり、セグメント売上に大きく寄与した。

 一方、ブライダル関連事業では全国12店舗でウエディング相談カウンター「ハナユメウエディングデスク」を展開し、それに付帯して「ハナユメ定額ウエディング」「ハナユメフォト」などの周辺サービスの拡充も進んでいる。利用者数は順調に増加しており、セグメント利益の増収はブライダル関連事業による寄与が大きい。全体の決算では、エンターテインメント事業の減収をライフスタイルサポート事業でカバーする格好となっており、業績を牽引している。

(出典)2018年7月期 第3四半期 決算説明会資料 p15

EC事業

 自転車専門のECサイト「cyma(サイマ)」を運営するEC事業の業績は累計で、セグメント売上19億7,873万(前年同期比39.6%増)、セグメント損失1億9,061万円(前年同四半期は1億4,600万の損失)となった。3月の繁忙期需要を受け、売上は増加。販売台数は継続して伸びているという。

(出典)2018年7月期 第3四半期 決算説明会資料 p17

 

【見通し】

(出典)2018年7月期 第3四半期 決算説明会資料 p24

 2018年7月通期の業績予測は、売上高400億円(前年同期比15.6%増)、営業利益47億円(前期比15.3%増)、経常利益47億円(前年同期比14.1%増)、当期純利益31億円(前年同期比20.2%増)を見込んでいる。第3四半期時点の進捗率は概ね好調で、営業利益は81.0%、経常利益は82.0%、純利益85.5%に達している。

(出典)2018年7月期 第3四半期 決算説明会資料 p23

 エンターテインメント事業の売上は計画を下回る進捗状況のため、新作『三国BASSA!!』のヒットが期待されている。しかし、5月21日の配信開始から国内でのランキング推移は低調気味。なお、『ヴァルキリーコネクト』『ユニゾンリーグ』と同様にアジア圏を中心とした海外展開を予定しているという。

(出典)2018年7月期 第3四半期 決算説明会資料 p19

 ライフスタイルサポート事業では、トヨタ自動車との共同事業「TOYOTA NEXT」が本格的に稼働し、愛知県内で試験的にサービスを開始した。


【関連リンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

IR 決算情報
Tagged with: , ,