明日から始められるマーケティングの“データ活用術”【SESSION4-B #2】

(左からモデレーターの豊野氏、AppsFlyerの大坪氏、ファンコミュニケーションズの二宮氏、Septeni Americaの荻田氏、ミクシィ XFLAG スタジオの松尾氏)

2018年4月19日、東京・渋谷にてスマートフォンゲームのマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2018」が開催された。

第2回目の開催となる「Next Marketing Summit」は、800人のマーケターと業界関係者が一同に集う大規模なビジネスイベント。当日開催されたセッションのうち、本稿ではB会場で行われた「マーケティングにおける“データ活用”の最前線」の様子を紹介する。

登壇者は、AppsFlyerの大坪直哉氏、Septeni Americaの荻田脩平氏、株式会社ファンコミュニケーションズの二宮幸司氏、株式会社ミクシィ XFLAG スタジオの松尾雄司氏の4名が揃い、モデレーターは豊野桂太氏が務めた。

(前半の記事は下記よりご覧ください)

【登壇者情報】
<スピーカー>
大坪 直哉 – Naoya Otsubo
AppsFlyer Japan カントリーマネジャー

荻田 脩平 – Shuhei Ogita
Septeni America, Inc Head of US Office & Customer Success

二宮 幸司 – Koji Ninomiya
株式会社ファンコミュニケーションズ 取締役

松尾 雄司 – Yuji Matsuo
株式会社ミクシィ XFLAG スタジオ モンスト事業本部 マーケティング部 マネージャー

<モデレーター>
豊野 桂太 – Keita Toyono

 

■データの蓄積、密な連携、体制の強化――

豊野:データを分析して活用の道筋は見えているゲーム会社は多いけれど、実際に活用できていないケースが多いと思います。お話できる範囲で構わないので、具体的にどんなことを実施されているのか、データ活用の最前線を教えていただけますか。

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!