ゲーム運営を支援する「LINE GAME PLATFORM」の取り組み 顧客獲得、データ分析、コミュニティなど最新事例も紹介

▲「LINE GAME PLATFORM」公式サイト

アプリをダウンロードせずに「LINE」ですぐにゲームをプレイできる「LINE QUICK GAME」をリリースするなど、ゲームビジネスで新展開を見せているLINE。

LINE GAMEでは友だちを招待したり、友だち同士のスコアランキングを表示するといった機能がよく知られていますが、その他にも様々なサービスでゲーム開発とマーケティングを支援しています。

そこで今回は、LINE GAMEの金 容大(キム ヨンデ)さん、森 光平さんにお話しを伺い、LINEユーザーとデベロッパーの架け橋となる「LINE GAME PLATFORM」(※)についてご紹介いただきました。

※「LINE GAME PLATFORM」には、ゲームタイトルのユーザー獲得と活性化に向けたイベントを効率的に管理するなどゲーム内での機能を保有する「PION」、ゲームのPLC(製品ライフサイクル)に最適化された分析サービスを提供する「GROWTHY」、世界中にゲームサービスを安定的に提供するためのクラウド環境を提供する「FUWA(フワ)」、ゲームアプリの難読化および脆弱性に対する分析・対策を行うことができる「AIR」、QA(品質保証のための)環境を提供する「QUATY(クオティ)」といった複数の機能がラインナップされています。

「LINE GAME PLATFORM」公式サイト

[Topics]
■マーケティングはプラットフォームからコンテンツへ
■デベロッパーに最も選ばれるプラットフォームサービスに

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Tagged with: ,