モンスト、オセロニア…愛され続けるゲームの秘訣を探る!長寿ヒットタイトル対談【SESSION2-A #2】

(左から株式会社MOTTOの佐藤氏、株式会社ディー・エヌ・エーの今西氏、株式会社サムザップの大森氏、株式会社ミクシィの多留氏、ポノス株式会社の村山氏)

2019年4月16日、東京・新宿にて国内最大級のアプリマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2019」が開催。

第3回目の今回は、3会場同時進行にて過去最多の14セッションを実施。スマートフォンゲームをはじめ、ニュース、マッチング、ファッションなど多様なジャンルのキーマンが熱いディスカッションを繰り広げました。

本稿ではA会場で行われた「モンスト、オセロニア…愛され続けるゲームの秘訣を探る!長寿ヒットタイトル対談」の様子を紹介。登壇者は、株式会社ディー・エヌ・エーの今西陽介氏、株式会社サムザップの大森達也氏、株式会社ミクシィの多留幸祐氏、ポノス株式会社の村山秀幸氏の4名が揃い、モデレーターは株式会社MOTTOの佐藤基氏が務めました。

(前半の記事は下記よりご覧ください)

【登壇者情報】
<スピーカー>
今西 陽介 – Yosuke Imanishi
株式会社ディー・エヌ・エー
マーケティング部 部長

大森 達也 – Tatsuya Omori
株式会社サムザップ
プロダクトDiv 『戦国炎舞 -KIZNA-』プロデューサー

多留 幸祐 – Kosuke Taru
株式会社ミクシィ
取締役執行役員

村山 秀幸 – Hideyuki Murayama
ポノス株式会社
マーケティング室室長 チーフプロデューサー

<モデレーター>
佐藤 基 – Motoi Sato
株式会社MOTTO
代表取締役

 

■長期運営に訪れる危機的状況と、その打開策

佐藤:もうひとつみなさんにお聞きしたいのが、長い年月の中で課題や、危機的状況が無かったとは思えないんです。苦境をどうやって乗り越えたのかを聞かせてください。まずは大森さん。

大森:結構ありましたよ。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Next Marketing Summit イベント