スマホゲーム×TVCMの現状と最新のトレンド【SESSION4-A #1】

(左から株式会社電通の丸茂氏、電通デジタルの外山氏、ディー・エヌ・エーの土屋氏、ノープロブレムの小霜氏)

2018年4月19日、東京・渋谷にてスマートフォンゲームのマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2018」が開催された。

第2回目の開催となる「Next Marketing Summit」は、800人のマーケターと業界関係者が一同に集う大規模なビジネスイベント。当日開催されたセッションのうち、本稿ではA会場で行われた「スマホゲーム×TVCMの現状と最新のトレンド」の様子を紹介する。

登壇者は、株式会社電通デジタルの外山遊己氏、株式会社ディー・エヌ・エーの土屋大輔氏、ノープロブレム合同会社の小霜和也氏の3名が揃い、モデレーターは株式会社電通の丸茂邦幸氏が務めた。

【登壇者情報】
<スピーカー>
外山 遊己 – Yuuki Toyama

株式会社電通デジタル サービス マーケティング事業部
シニア・マーケティング・マネージャー
2003年電通入社。マーケティング/アカウント、2つの部門で、商品・ブランドの開発から戦略、コミュニケーション施策までのトータルなコンサルティングをテーマに清涼飲料、IT・AV家電、娯楽サービス・コンテンツ、金融、通信など幅広い業界のプランニング業務に従事。現在、電通デジタルにて、通信や金融など中心に、デジタルシフトによる事業のサービス化を支援するプロジェクトや事業開発支援を行っている。特に通信・携帯電話関連業界については、外資系の端末メーカーやゲームアプリ企業に対して、日本ローンチのコンサルティングやプランニングを初期から担当している。

土屋 大輔 – Daisuke Tsuchiya

株式会社ディー・エヌ・エー
マーケティングコミュニケーション室 室長
大学卒業後、総合広告代理店に入社したものの1年で倒産。その後テレビ局→総合広告代理店右携帯電話通信キャリアの広告宣伝部門と会社や立ち位置は変わりつつも、一貫してオフラインマーケティングの業務に従事。2012年9月よりDeNAにてTVCMを中心としたオフラインマーケティング全般を担当。TVCMという唯一解は存在しない仕事に立ち向かい、日々奮闘中。

小霜 和也 – Kazuya Koshimo

ノープロブレム合同会社  代表
1962年生。東京大学法学部卒。博報堂クリエイティブ職を経て、1998年独立。2018年現在ノープロブレム(同)、(株)小霜オフィスなどの代表。クリエイティブディレクター/コピーライターとしてマス・Webを統合する広告キャンペーンに携わる一方、幅広い企業の顧問、コンサルティングにも従事。広告賞受賞多数。近著「急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。(宣伝会議)」、他著作「ここらで広告コピーの本当の話をします。(宣伝会議)」「欲しいほしいホシイ(インプレスジャパン)」。

<モデレーター>
丸茂 邦幸 – Kuniyuki Marumo

株式会社電通 ビジネスD&A局 ディレクター
通信・IT系企業などのアカウントプロデューサーを経て、2012年よりデジタルマーケティング関連部署所属。90年代インターネット黎明期よりインターネット関連クライアント業務に従事。現在、マスメディア~クリエイティブ~ブランド業務~アドテク~オウンド~ソーシャルのデジタル統合まで、クライアント企業への提供サービスの全体設計を行う。2014年より現在まで、電通ゲームプロジェクト責任者としてゲームパブリッシャー全体に向けたソリューション開発を担当。

 

■TVCMを使用したユーザー獲得の競争は激化

丸茂:電通の丸茂です。本セッションは「スマホゲーム×TVCMの現状と最新のトレンド」と題して、お話しさせて頂きます。私は電通社内では、ゲームパブリッシャーへのサービスレベルの維持と向上を担当しております。

現在放送されているスマホアプリのCMのうち、電通は6割強お取引をさせて頂いております。皆様のご支援をいただき多くの経験を積むことができ、大変感謝をしております。未熟ではございますが、これまで培った経験をなんとか皆様に還元できないかと考え、本日この場に立たせて頂きました。

話の趣旨に関してですが、私たちなりに選んだ昨年(2017年)成功したCMの事例を紹介しようと思います。しかしながらお話しの核心としては個々の事例というよりも、大きな投資となるTVCMのリスクを、どういった考え方で軽減・回避していくか。その基本的な考え方を知って頂きたいと思っています。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!