TVアニメ化も決定した『八月のシンデレラナイン』宣伝舞台裏 オリジナルタイトルの育て方に迫る

アカツキが手掛けるオリジナルタイトル『八月のシンデレラナイン』(2017年6月27日配信)。本作は「青春×女子高生×甲子園」を掲げた“青春体験型野球ゲーム”です。プレイヤーは怪我で野球を諦めた同級生監督として、魅力的な女子キャラクター達を指導・育成しながら、共に〝甲子園〟という夢を目指します。

1周年を迎えた本作は通常のデジタルマーケティングと平行して、これまでにファン感謝祭、LIVEイベント、コミックマーケットへの参戦からコラボカフェといった多種多様なファンマーケティング施策を精力的に行ってきました。こうした全方位的なコミュニケーションが奏功し、本作には根強いファンが定着。本稿では、オリジナルタイトルの成長を支え、魅力を伝え続けるアカツキのマーケティングチームに取材を試みました。

[Topics]
■TVアニメ化も決定 オリジナルタイトルの育て方
■青春体験の共有と一緒に創り上げていく過程 〝ハチナイらしさ〟

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ちょいサキ! ピックアップ