『にゃんこ大戦争』で実施したリテンションマーケティング 撤退の危機からセールス20位になるまでに『グリモア』で学んだマーケティングで大切な事

最新アプリマーケティングの“生の声”が聞けるセミナー「#MarketingLIVE vol.2」が2018年8月27日に開催されました。今回のテーマは「マーケター目線で考える、ゲームアプリのためのリテンションマーケティング」。本稿では、後編の模様をお伝えしていきます。

【前編記事】
「課金は呼吸」…離脱の原因と傾向から復帰ポイントまで明らかにするヘビーユーザー生の声

 

「ART DMPが変える リテンションマーケティング~にゃんこ大戦争の活用事例~」

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

イベント