VRizeが3DCG技術でディスプレイ広告にパラダイムシフトを起こす 「3D AD」でLTVが7倍に達した最新事例を紹介

日々アドネットワークを介して様々な広告が配信されていますが、その広告を歓迎するユーザーは決して多くありません。クリエイティブのマンネリ化、広告効果の低下といった広告運用に悩むマーケターもいるのではないでしょうか。

そこで、この現状を打破する画期的なアドネットワークとして登場したのが「3D AD」。高い3DCG技術を有する企業VRize(ブイアライズ)が提供するサービスで、早くも有名タイトルを中心に導入実績を重ねています。

今回はVRizeのファウンダーであり代表取締役の正田英之氏と、グリーアドバタイジングの加茂遼介氏に「3D AD」のメリットと最新事例をお聞きしました。

[Topics]
■3DCG技術でインタラクティブ性のある広告に
■「3D AD」でLTVが7倍に
■アドテクの新しい活用シーン

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ちょいサキ! ピックアップ