ゲームアプリ市場の識者に訊く2018年の振り返りとマーケティング動向【ゲーム会社編②】

2018年、今年も数多くのスマートフォンゲームがリリースされました。昨今、IPタイトルが増加の一途をたどっていますが、完全オリジナルタイトルや海外発のタイトルなども多数ヒットを記録しています。膨大な数のアプリがあるなか、ユーザーに手に取って継続的に遊んでもらうためには、ゲームの面白さはもとより、きちんと魅力を届けるためのマーケティング施策が当然求められています。

今回「NEXT MARKETING」では、年末特別企画として「ゲームアプリ市場の識者に訊く2018年の振り返りとマーケティング動向」を複数回に渡って掲載。スマートフォンゲームのマーケティングに携わる方々を中心にアンケートを行い、2018年で印象的だったタイトルやマーケティング施策についてお伺いしました。本稿では【ゲーム会社編②】として7社をご紹介。

※いただいた企業様からのコメントを尊重するため、最低限の編集作業に留めています。なお、並びは社名五十音順。

ゲーム会社編②】でご回答いただいた皆様

株式会社Donuts
マーケティング室
畠野貴之 氏

株式会社ENCUBE
事業本部 本部長
中村慶光 氏

Happy Elements株式会社
プロデューサー/マーケティングディレクター
松田晃佑 氏

株式会社KADOKAWA
ゲーム事業推進室 ゲーム開発部 部長
宮下知幸 氏

株式会社ORATTA
マーケティング・コミュニケーション室 室長
市村隆介 氏

Rekoo Japan株式会社
事業統括本部 副本部長
大倉信彦 氏

株式会社エディア
執行役員 マーケティング部長
山尾和浩 氏

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ちょいサキ! ピックアップ
Tagged with: