2018年ゲームアプリ市場の総括 セールスランキングから見るトレンドの移り変わり

App Annieが発表した2018年12月15日までの暫定データによると、2018年はiOSとGoogle Playを合計した世界のアプリダウンロード数が1130億件を超え、2017年から10%の増加になる見込みとのことです。

さらに世界の消費支出は、これを上回る前年比20%増で、760億ドルを超える予測に。これらの数字を形成しているのは、アプリ内サブスクリプション(定期購読ほか)による収益が増え続けているほか、ゲームの堅調な人気によるものが大きいです。

そして、2018年のトレンドとして、モバイルへの時間消費のシェアも過去最大になるとのことです。米国の平均的なスマートフォンユーザーは2018年、1日あたり3時間近くをアプリに使いました。2016年からは20%、2017年からは10%の増加です。もはや生活・ビジネスに欠かせないスマートフォンは、まだまだその可能性を見出し、市場を成長させています。

そんな背景のなか、スマートフォンゲーム(以下、スマホゲーム)市場に目を向けると、2018年もエポックメイキングなタイトルの登場、出来事が話題に挙がりました。

本稿では、アプリリサーチツールを提供しているスパイスマート協力のもと、今年リリースされた新作はもちろん、2018年のゲームアプリ市場のトレンドをセールスランキングから紐解いていこうと思います。

「スパイスマート」企業サイト

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ちょいサキ!