IP作品の垣根を飛び出した『ガルパ』のオリジナリティ Craft Eggが目指す徹底したユーザーファーストと“ガルパイズム”を取材

2019年3月に人気スマートフォンゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!(以下、ガルパ)』(開発・提供:Craft Egg)がリリースから2周年を迎えました。

2周年では、TVCMの放映をはじめ、秋葉原・渋谷・大阪・名古屋などの駅や周辺地域において、各バンドやメンバーを使用したポスター、「ガルパファンイラストキャンペーン!」の応募イラストを使用したモザイクアートを掲出するなど、大々的に展開。

そんな2周年施策真っただ中の2019年3月、App Storeのセールスランキングで初の1位を獲得。ゲーム内外含めて、まさに大成功を収めました。

本稿では、『ガルパ』のマーケティング施策を軸に、ヒットの背景をCraft Eggにお聞きしました。IPタイトルにも関わらず、柔軟に施策を考えられる版元との関係性、まだまだ新規ユーザーが増えている理由など、マーケティングの仕掛け人と共に紐解いていきます。

[Topics]
■プロジェクト全体で成長し、愛のある施策を打ち出す体制
■既存・休眠・新規、TVCMクリエイティブの変遷
■2年連続フォロワー数30万人増 Twitter施策の舞台裏

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!