生き方すら変える。”新しい文化の創造”とその先に描く未来【SESSION1-A #1】

(左から株式会社マイネットの上原、株式会社ミラティブの赤川氏、Activ8株式会社の大坂氏、SHOWROOM株式会社の前田氏)

2019年4月16日、東京・新宿にて国内最大級のアプリマーケティングイベント「Next Marketing Summit 2019」が開催。

第3回目の今回は、3会場同時進行にて過去最多の14セッションを実施。スマートフォンゲームをはじめ、ニュース、マッチング、ファッションなど多様なジャンルのキーマンが熱いディスカッションを繰り広げました。

本稿ではA会場で行われた「生き方すら変える。”新しい文化の創造”とその先に描く未来」の様子を紹介。登壇者は、株式会社ミラティブの赤川隼一氏、Activ8株式会社の大坂武史氏、SHOWROOM株式会社の前田裕二氏の3名が揃い、モデレーターは株式会社マイネットの上原仁が務めました。

【登壇者情報】
<スピーカー>
赤川 隼一 – Junichi Akagawa

株式会社ミラティブ
代表取締役

2006年、新卒として株式会社ディー・エヌ・エーに入社。広告営業やマーケティングに携わった後、「Yahoo!モバゲー」の立ち上げを経験。その後、新卒出身者として初の執行役員に就任し、海外事業の統括やゲーム開発に携わる。2018年2月、株式会社エモモ(現 ミラティブ)を創業。

大坂 武史 – Takeshi Osaka

Activ8株式会社
代表取締役

1986年日本生まれ。大学卒業後、web系のメディアやコンテンツを開発する会社にて営業、経営企画を経験。2015年、米サンフランシスコに本社を持つT-Rex Lab Co.の日本法人責任者就任。その後、2016年9月バーチャルワールドで生きられる社会を実現させるべく、Activ8株式会社を創業(代表取締役CEO)。「生きる世界の選択肢を増やす」をmissionに掲げ、バーチャルタレントのプロデュースやサポートプロジェクト「upd8」を企画、運営。

前田 裕二 – Yuji Maeda

SHOWROOM株式会社
代表取締役社長

2010年にUBS証券入社後、機関投資家向けの株式営業に携わる。ニューヨーク勤務を経て、2013年に帰国。DeNAに入社し、仮想ライブ空間SHOWROOMを立ち上げる。2015年に会社分割によりSHOWROOM株式会社を設立し、代表取締役社長として事業を率いる。初の著書『人生の勝算』19刷8万部超のベストセラー、近著の『メモの魔力』は、発売2日で17万部突破、現在37万部に。

<モデレーター>
上原 仁 – Jin Uehara

株式会社マイネット
代表取締役社長

1974年生。1998年神戸大学経営学部卒。NTTに入社してインターネット事業開発に従事。2006年7月㈱マイネット・ジャパン(現マイネット)を創業し同社代表に就任。自社のモバイルCRM事業を国内3万店舗まで育成した後にヤフーへ事業売却。現在はゲームタイトルの買取・バリューアップを手がけるゲームサービス事業のリーディングカンパニーとして業界を牽引。2015年東証マザーズ上場後も大型の資金調達やM&Aを駆使し、急成長を実現。2017年には東証一部に市場変更。

 

■時代を切り拓くキーマンたちの思想

上原:みなさん、こんにちは。この豪華ゲストが集うセッションにようこそ。おそらく、今この業界で旬な人を3人挙げようとすれば、この人たちになるなという顔触れですね。正直、テーマだけ見てもどんな話をするのか全くわからない。そんなセッションに集まっていただき、ありがとうございます。

今日は、VTuberしかり、ライブストリーミングしかり、新しい時代に入りつつあるゲーム配信といった新たな文化を切り拓いている御三方に、10年先にはどんな未来や文化を見ているのか聞いていきたいと思います。特に、個のあり方がどの様に変化していくのかという点に注目していきましょう。

それでは早速、みなさんにそれぞれの会社のミッションを伺いながら、どんな社会を作ろうとしているのかお聞きしていきましょう。まずは、赤川さんから。

この記事は会員限定記事です。

NEXT MARKETING会員ログイン

メールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録(無料)すると続きをご覧いただけます。

今すぐ登録(無料)

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Next Marketing Summit イベント